赤くなったニキビ跡を解消するには・・・

ニキビ跡に赤みが見られることがあります。
これはニキビができているのにもかかわらずニキビケアをすることなく
放ったらかしにしていたり、ニキビケアのやり方を間違えて
ニキビ部分が炎症を起こしてしまっていることが多いです。

炎症を起こしている場合は、そのままにして炎症をおさまるまで待つことで、
赤みは消えていくこともありますが、色素沈着によるシミとかになってしまうと、
赤みが消えるまでにかなりの期間を要する場合があります。

この赤みのあるニキビ跡を消すための対策にはどのようなものがあるかというと、
メジャーなやり方としては、ビタミンCが配合されたニキビ用の化粧水や美容液で
対策を取ると良いかもしれません。

ビタミンCには、肌の抗炎症作用があり、色素沈着によってできたシミや
肌を整える作用があるので、肌への浸透性が良いビタミンCが配合された
ニキビ用化粧水を使うと良いそうです。

導入型ニキビ跡専用化粧水というような口コミでの評判も良いものも
ありますので、肌に良く浸透するビタミンC配合のものを使いましょう。

潤い成分としてのキチンキトサン

セルフューチャーっていう化粧品ブランドが出している化粧下地は、
毛穴や小じわを瞬時にカバーし、サラサラ肌が持続するからテカりにくい
ということでかなりの人気を集めているようです。

薄塗で伸ばせば良いので、ナチュラル感がとても良い感じで出るので、
近所に出かけるくらいならこれだけ塗っていけば大丈夫らしいです。
ナチュラルメイク派にはとても良さそうですね。

そしてこの化粧下地はメイクと同時にスキンケアもできるように
プラセンタやヒアルロン酸、コラーゲンといった潤い成分に
もう一つキチンキトサンも潤い成分として配合されてます。

キチンキトサンは、さまざまな用途に使えてとても有用な成分です。
それなのにいろいろなところにあって採取は簡単。しかも無害なんだそうです。
最近は抗癌作用も認められたそうです。

美容関連では美肌効果が期待できるということで、
美容液やクリームといった化粧品やシャンプーなどのヘアケアにも
使われていて、その実力を発揮しているようです。

化粧下地の存在意義

ごく一般的な考えとして化粧下地は?と聞かれた時の答えは、
化粧水や美容液といった基礎化粧品を使った後に化粧下地を塗ってから
ファンデーションといったメイクを始めるといった感じでしょうかね。
この時の役割としてはファンデーションのノリを良くして
できる限り化粧崩れしないように保つということになるかと思います。

また、化粧下地がもたらす効果にはどのようなものがあるのかというと、
毛穴やキメの凹んだところに入り込んで肌表面を滑らかにする。
乾燥や紫外線といった肌の外部からの刺激から守る。
毛穴にある余計な脂分を排除する。
メイクを落とすときに肌を傷めないように保護する。
などといった効果が考えられます。

そして、効果の最後に述べた肌の保護作用は化粧下地にとっては、
重要な役割となり、主な特徴の一つといっても良いくらいです。

この他にも、化粧下地はいろいろな効果を持たらしてくれる素晴らしい化粧品です。
もしもっと詳しく知りたいと思うなら、「化粧下地」でググれば
数えきれないほどの情報が見つかると思うのでそれを試してみてください。